blog index

春夏秋冬

中学校社会科教師の考えている事:
家族・子育て・仕事・学校・社会・歴史・趣味・etc・・・
〜進学塾(中学・高校受験)の講師・教室長として民間企業で10年以上勤務した後、公立中学の教諭となりました〜
<< ヱヴァンゲリヲンを本気で踊ってみた | main | 銀河英雄伝説の名言 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - | - | - |
公立中学って
学校という職場は、「教務」と「生指(生徒指導)」が2本柱だが、勤務校は「同和(人権)教育」という、もう一本の柱があり、その点は進んでいるように思う。

自分は3・4年目教務部長、5年目から進路主事と教務一筋だが、管理職になっていかれる先生は、生指畑の先生が多いようだ。
そして生指には体育科の先生が多い。
というか生指に限らず、「学校の先生」となっている方々は、運動部出身の方が多い気がする。
...
運動部の方々は当然のように年齢で上下が決まるようで、年上か歳下か(先輩か後輩か)を気にされるし、言葉づかい(敬語・タメ口・君づけ)もそこ(年齢)で変えて、上下を表現される。
そこが自分の肌にはなじまない。(儒教道徳?封建制?)
年長者をたてるのは構わないが、本当にたてている訳でなく、「言葉だけ」なのだ。一方、たてられた年長者も、当然のように仕事を歳下に押しつけたりする(で、その仕事が苦手なパソコン業務だったりする)。

民間他職にいた自分としては、年上の方や、歳下でも職場における先輩は自分より仕事ができる方であって欲しいし、逆に歳下でも後から入った者でも実力さえあれば、役職がついて自分より上位にきてもなんら構わない(というか、仕事のできる人が上役でないとスムーズに仕事が進まないので、歳下だろうと後輩だろうと「できる人」が上役なのは大歓迎だ)。
機能的な組織(例えばビジネスの世界で戦う会社組織や、本当の軍隊)には、役職による上下関係が必要なのだが、公立中学という職場は建前上はみんな「教諭」で「平等」で、互いに「先生」と呼び合う美風がある。
それならそれで良いのだが、実際には上下があり、その上下が実力による上下や役職による上下でなく、単なる年齢による上下だったりするので、違和感を禁じえない。
自分の以前の職場では、歳下の上司がいたし、年上やタメの先輩達が自分の部下となったりしていた。

ただ実力というのが、教務上の実力か、生徒指導か、対保護者か、事務処理の力か、とそれぞれの得手・不得手があるので、なんとも難しいのだけれど・・・。

はぁ・・。この愚痴、別の匿名ブログでも5年前から(公立中学の先生になってから)、ずっと同じこと書いてるなぁ。すみません。
| 春秋里(haruakisato) | 仕事・教師論 | 06:22 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 06:22 | - | - | - | - |
コメント
コメントする


この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< April 2020 >>

bolg index このページの先頭へ