blog index

春夏秋冬

中学校社会科教師の考えている事:
家族・子育て・仕事・学校・社会・歴史・趣味・etc・・・
〜進学塾(中学・高校受験)の講師・教室長として民間企業で10年以上勤務した後、公立中学の教諭となりました〜
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - | - | - |
会津戦争(戊辰戦争)
今年の大河ドラマ「八重の桜」はたいへんよくできていて、全話をを録画しながら視ている。
そして想うのは会津(福島県)という国の不運だ。
東日本大震災(福島原発の事故)がなければ、「賊軍」会津出身の女性・山本(川崎/新島)八重を主人公とする大河ドラマは企画されることもなかった。
東北(福島)復興を趣旨として、ようやくNHKは会津側からみた戊辰戦争を描けたわけで、そこに今も残るこの会津戦争の「わだかまり」を感じざるを得ない。

『1986(昭和61年)に長州藩の首府であった萩市が会津若松市に対して、「もう120年も経ったので」と会津戦争の和解と友好都市締結を申し入れたが、会津若松市側は「まだ120年しか経っていない」とこれを拒絶した』という。

これまで描かれてきた会津戦争は白虎隊ばかりで、「少年」部隊の「悲劇」のみが印象づけられてきた。
「女性」を主人公とするのは時代の潮流で、八重はまさに「ハンサム・ウーマン」だが、「官軍」側から一方的に「賊軍」とされた会津の不幸・不運と、その会津側の「正当性」をここまではっきり表現した作品はこれまでなかったのである。
そこに明治維新以後、いまなお残る薩長(特に長州閥)の影響、残照を感じる。それほど、この国は長州閥にある意味において支配されてきたのだ。

旧大日本帝国陸軍は長州閥そのものであったし(海軍は薩摩閥)、その陸軍が満州事変以後、日中戦争・太平洋戦争と国を誤らせた。
歴代内閣総理大臣で最も多いのは長州(山口県)出身者であり、現在の首相・安倍晋三も山口県人である。さらにいえば、彼の祖父はA級戦犯容疑者として逮捕されながらCIAの反共政策に協力することで訴追を免れ、のちに総理となった「昭和の妖怪」岸信介だ。
現総理の目指す「憲法改正」が、自主憲法を目指す自民党の党是に沿ったものであるのは良いとして、その意図のなかに東京裁判史観の見直しや、戦犯とされた人々の「復権・再評価」があることは疑い得ないだろう。
私は勝者が敗者を一方的に処断した東京裁判史観を見直すことにも意義はないのだが、であるなら当然、会津(福島)の復権が先ではないだろうか?
さらに、同じ日本人の間でさえ、「まだ120年しか経っていない」という根深い相剋があるというのに、韓国・中国に対して「いつまで反日を続けるのか、もういいかげんにしろ」などと言えるのだろうか?

会津という国は、藩租・保科正之が誠の武士の国をつくりあげ、それを営々と受け継いできた見事な国だ。
以前、紹介した会津藩「什の掟」と、それを基にした「あいづっこ宣言」を読むだけでもそれは分かる。
そうした国を「賊軍」として滅ぼし、東京電力の原発を集中的に担わせ、その結果の震災・原発事故である。
自らを免罪する前に、歴史を学んで、まずは会津(福島)に贖罪するべきではないだろうか。
| 春秋里(haruakisato) | 歴史:日本史・世界史 | 22:02 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
歴史観と倫理
日本が対英米戦の開戦に追い込まれたあげく米英に敗れ、戦後、戦犯として裁かれたのは事実で、その点で自虐史観に立つ必要はない。
だがアジア諸国に対しては、「欧米による植民地支配からの解放」を名目に、日本による植民地化をすすめたので、日本が加害国であることもまぎれもない事実であり、疑いをはさむ余地はない。
このあたりの歴史観は左右バラバラで、双方とも自説を強化する資料・史料を過大に評価し、反論の根拠となる資料・史料を過小評価する傾向がある。
いいかげん戦後となって半世紀以上経つのだから、ヨーロッパのように各国の歴史家が協同研究で「東アジア史」を書けないものだろうか?
孫の世代になっても憎しみ合い・ののしりあうのは不毛だ。
| 春秋里(haruakisato) | 歴史:日本史・世界史 | 01:09 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
プライベート・ライアン
スピルバーグ監督の映画「プライベート・ライアン」の冒頭ノルマンディー上陸作戦の部分。
戦争や戦場の現実を体感させる教材として、歴史の授業で必ず見せている圧巻の戦闘シーン。
戦争は、怖くて・痛くて・汚くて・暑くて・寒くて・辛くて・ひもじくて・・・・ただそのことが伝わればいいと思っている。





| 春秋里(haruakisato) | 歴史:日本史・世界史 | 04:19 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
日本の歴史と文化風土
つらつら考えるに、日本という極東の島国は「文明の終着点」であり、「文化の吹き溜まり」である。
この国の政府は、時々の必要に応じて、外国文化を採り入れて(あるいは遮断して)、時代を作ってきた。
こちらから発信することは少なく、受信し変容させ、受容し、日本化する。
それは国家の骨格たる法制(憲法・政治制度)だけでなく、生産様式・宗教文化すべてにおいてである。
そこで日本化されたものは熟成され、洗練されてゆくが、日本化できないものは「タテマエ」として表象させ、日本的なホンネはそのまま継続される。「日本人の法意識」はその典型であろう。

わかりやすく言うと、ローマ法〜ナポレオン法典〜近代法にいたる西洋の法典では、法とは社会がそうあるべき理想であり、守らなければならないルールを文章化したものであり、法の文言は社会の現状の上に建つのが原則である。(つまり法に人間があわせろ!)
それに対して日本では逆で、法は所詮「理想」であり「理念」であり「目標」なので、社会や人が法に従っていなくても一向に構わないし、なにかそれなりの「理由」さえあれば、不法行為が堂々と行われそれが許される。(赤信号みんなで渡れば怖くない。憲法違反でも自衛隊は必要、でも憲法を変える必要はない。みたいな…)

こうした「形式と内容」の違い、「建前と本音」論になると、それだけで日本文化論なり、日本史が書けそうだ。
将来、執筆する著作のテーマのひとつとして覚えておこう。
このアイデアをパクらないでね。
| 春秋里(haruakisato) | 歴史:日本史・世界史 | 22:28 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
関ヶ原の戦い
これはよくできているよ。約20分なので授業でも使える。







布陣の詳細は、
ジェームス三木脚本の大河ドラマ「葵 徳川三代」より

| 春秋里(haruakisato) | 歴史:日本史・世界史 | 22:52 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
伊能図の展示
昨秋、近所の大学の学園祭の企画で、体育館を使って無料展示があった。

大図(左上に中図の一部)


小図と中図
 
| 春秋里(haruakisato) | 歴史:日本史・世界史 | 00:30 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
白洲次郎
録画してDVDに焼いておきながら見ていなかったNHKドラマスペシャル「白洲次郎」全3回を一気に視た。
http://www.nhk.or.jp/drama/shirasujirou/index.html

「バカだな…」ってイメージだった近衛文麿が少しだけ可哀相にみえた。
マスコミと政治家のバカさは、戦前も戦後も同じだな…とも思う。

主人公の白洲次郎は、昔の自分なら大嫌いなタイプだが、この歳になると理解できる部分が多い。
大人になったのか?まだまだ若いからか…。

戦後、経済の復興と高度成長をリードした「通商産業省(通産省、現「経済産業省」)の創設者として、「その時歴史が動いた」でも紹介された。



| 春秋里(haruakisato) | 歴史:日本史・世界史 | 23:54 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
民主主義
民主政治は必ず堕落して衆愚政治を生み、それは専制政治の温床(苗床)となる。
専制政治は必ず腐敗し、それが革命の母体をつくる。
人類史(世界史)を少し学んだ者なら、誰もが知る真理だ(ローマ史が典型)。

民主主義を否定するような記事を書いたりしたが、「腐敗した民主政治」と「清潔な独裁政治」のどちらが民衆にとって良い政体なのだろうか?
2:45


これをテーマに書かれた『銀河英雄伝説』から、「民主主義とはどういう思想か?」を、マル・アデッタ星域の会戦で戦死する自由惑星同盟のアレクサンドル・ビュコック司令長官の言葉で聴こう。
3:35
| 春秋里(haruakisato) | 歴史:日本史・世界史 | 22:09 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
大河ドラマ「江〜姫たちの戦国〜」が終わった。女性脚本家による女性目線(家庭ドラマ風)の大河だった。
最終回で思ったのは、江はある意味「位人臣を極めた」女性だということ。
歴史的には(ドラマ的にも)、織田信長の妹・市と浅井長政の間にうまれた三番目の娘で、豊臣秀吉の甥で養子・羽柴秀勝の妻となり、後に二代将軍・徳川秀忠の妻、三代・家光の母となった…という女性だ。

娘・千姫が豊臣秀頼に嫁ぎ大阪の陣の悲劇が生まれ、加賀前田家の第2代・前田利常に嫁いた娘もいるが、実は最も重要なのは、娘・和子が後水尾天皇に入内して中宮となって明正天皇を産み、江が天皇の外祖母となったことだ。

日本では天皇家が厳然と最高位にあるので、臣下(人臣)の最上位は、正一位(太政大臣・関白・征夷大将軍)ということになる。

女性である江の位階は従一位で、正一位ではないが、武家の女性としては、彼女以上の存在はないだろう。

それにしても3姉妹は主役の上野樹里より、宮沢りえ、水川あさみが美しかった(市役の鈴木保奈美も)。芝居は茶々が上手かったかな。

| 春秋里(haruakisato) | 歴史:日本史・世界史 | 22:58 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
平城宮跡


昨年、遷都1300年祭で盛り上がった?ハズの奈良へ家族と一泊旅行。
奈良公園の鹿と戯れ、東大寺の大仏を拝観し、予定通りの1日目のあと、宿泊した宿の料理が美味くない…。

2日目は特に何も考えていなかったので、平城宮跡を訪れたところ、奈文研(国立奈良文化財研究所)がスタンプラリーを実施していた。
子供達が「やる」というのでまわってみたが、これがタイヘン!

炎天下、家族で数キロの道のりを歩いて平城宮跡の5か所を周らなければならず、道の舗装も悪く、スロープも所々しかないのでベビーカーをかついで階段を昇り降りしたり。あげく、2時間近くかかってスタンプを全部集めた後はスタート位置へもどらなければならず、それでプレゼントはクリアファイル1枚という、おそまつな企画。

復元された朱雀門や大極殿に観光客が近づきにくいよう、わざと設定したとしか思えない駐車場や歩道・トイレの位置なのだ。

奈良は昔から営業努力なしで観光客が集まるので、その地位にあぐらをかいて旅行者・観光客に無愛想・不親切とは聞いてはいたが、まさかここまでとは!

そのくせ、一般客の入れない職員用の道路・駐車場は各施設に近く(逆だろうが!)、また遺跡の中央近くを貫いて生活道路が通されているが、これは宮跡周辺の施設をめぐる(観光)には使えないときている。
まさに自分達の都合だけを考え、来客者の便利・都合をまったく考慮しない、アクセスの悪さにまじブチギレ。

観光課か?研究所か?どこが計画・デザインしたのかは知らんが、目玉となる復元施設だけ建ててそれでよしとする行政のお粗末さにあきれかえるばかりだった。
こいつら観光客呼ぶ気ないねんなと、「もう奈良博以外で奈良にお金を落とさないでおこう」と思う…。


調べてみると、「世界遺産だから駐車場を撤去するようユネスコに求められた」んだとか…(でも遺跡内を近鉄電車が走ってるんだぜ…)。
きっと、連れて来た時、バカ正直に朱雀門横にあった駐車場におろしたんだ。上手いこと見せないようにすりゃいいのに。)

でも、あくまで復元遺跡であって、発掘調査後はたいして文化遺産としての価値はないのだから、登録を外してもらえば?
登録するなら、復元などせず遺跡・遺構として保存すべき。
| 春秋里(haruakisato) | 歴史:日本史・世界史 | 17:32 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< April 2020 >>

bolg index このページの先頭へ